リバウンドの仕組み|リバウンドをする理由

ダイエットをしている人でリバウンドをしたとか体重がすぐに戻ったという人は非常に多いのではないでしょうか。

ダイエットしたのにリバウンドしたのではまったく意味がないですね。

そういった人はダイエット方法を間違っていたかもしれませんね。

そこでリバウンドする仕組み、理由を理解しておく必要があると思います。

そうすることでリバウンドを回避する可能性も高まりますし、リバウンドの少ないダイエット方法を選ぶことができるのではないでしょうか。

まず、人は毎日エネルギーを消費しています。

何もしなくてもエネルギーを消費しているわけです。

このエネルギー消費を基礎代謝といいます。

この基礎代謝量は筋肉の量などによって変化します。

ですから良く運動している人や筋肉が多い人はエネルギーを消費しやすく基礎代謝量が多いということになるわけです。

そうすると多く食べてもそれだけ消費されているので太りにくいということになるわけです。

たとえば、マラソン選手などの長距離を走る選手は非常に痩せていますが、非常に多く食べます。

それだけエネルギーを消費しますし、脂肪燃焼しやすい筋肉を持っているということなんです。

ですから筋肉や運動が基礎代謝をあげ、太りにくい体を作るということなんです。

逆にほとんど体を動かさない、筋肉量の少ない人がカロリーを抑えてダイエットしようとします。

すると基礎代謝量がさらに下がるといわれていますし、栄養自体も不足しがちになります。

栄養が不足すると体がエネルギーを溜め込もうとします。

ここまではダイエットを行っているので特にみために変化はないかもしれませんが、体の中ではエネルギーを溜め込もうとしているのでダイエットをやめたり、カロリーを増やしたりすると、普通以上に栄養を吸収してしまうということなんです。

そうするとダイエット前と量は変わっていないのにもとの状態以上に太ってしまうということが起こるようです。

人間の一日の平均摂取カロリーを大幅に超えていた人が少しずつカロリーを抑えていって栄養もしっかり摂りながら平均カロリーまで下げてそこをずっと維持できればやせる可能性もありますし、リバウンドしない可能性も高いのではないでしょうか。

これがいきなり急激に摂取カロリーを下げて少し食べる量を増やしたらリバウンドする可能性も高くなるのではないでしょうか。

もし急激にカロリーを抑える必要があるのであれば、カロリーは低くても栄養の豊富な食べ物を摂取することなどを意識すると良いのではないでしょうか。

たとえば青汁や酵素などいろいろあると思います。

このようにその人の体系、体重や筋肉量、摂取カロリー、ダイエット方法、食生活など人によって違います。

ダイエット方法の基本は一緒かもしれませんが向き不向きがあり方法も変わってくると思います。

そして、それに合わせてしっかりダイエットを行っていくことがリバウンドを防ぐ、ダイエットを成功させる方法ではないでしょうか。

ダイエットに大事なこと

ダイエットするんだという決意、強い意思が大事

先日世界の仰天ニュースで大きくダイエットに成功した人のことをやっていたのですが、ダイエット方法をどうするかということもそうですが、その前に精神的な部分が大きいということがわかります。

ある人はずっと太っていたのですが、すごくタイプの人が目の前に現れて一目惚れしたことでダイエットを本気で決意して短期間で大きくダイエットに成功してその人と結婚するまでいったわけです。

他にも何人かのダイエットに関してやっていたのですが、方法よりも大きな決意がダイエットを成功させたように思いましたね。

やはり、まずはダイエットするんだという決意、強い意思が大事だということですね。

ダイエット日記を書いていく

最近ではダイエット日記をブログ等で書いている人が増えてきました。

ダイエットをしている人や考えている人は一度試してみてはいかがでしょうか。

ブログなら無料でできるものも多くありますし、普通にノートに書くよりみんなに見てもらっているという気持ちになるのでモチベーションも上がるのではないでしょうか。

ダイエット日記を書いている人も多いのでそれらをいろいろ見ることでもモチベーションも上がりますし、その人達と交流をもったり、相談したりするのもよいのではないでしょうか。

そうすることで今までなかなか続けられなかったという人が継続しやすくなってくるのではないでしょうか。

ダイエットの成功の一つにはやはり継続することがありますから、継続するのにブログでダイエット日記を書くのはとても良い方法の一つではないでしょうか。

日本人は肥満が少ない

経済協力開発機構(OECD)の調査で2010年時点で肥満大国世界第1位は米国で肥満率は35.9%、日本は肥満率3.5%でOECD加盟国中最下位だそうです。

この差を見たらわかるとおり圧倒的に違いがあります。

日本人は肥満が少ないにもかかわらず、なんでこれほどまでにダイエットを意識するのでしょうか。

これは国民性などが関係しているかもしれませんね。

日本人は他人を気にしすぎるというのはあると思いますね。

アメリカ人でも気にする人は多くいるとは思いますが、気にしない人も多いというのがあるように思いますね。